MARKETING BLOG

ゼロからのネットマーケティング

【SEO】思いつかない!そんな時のキーワードの発想方法3選

2015.9.3

自社のサービス領域だと、対応する検索キーワードが少ない。
メインのキーワードは競合サイトが埋め尽くしている。
メインキーワード以外にキーワードが思いつかない。
そんな時はないでしょうか?そんな方のためにキーワード発想方法を3つまとめてみました。

1.ユーザーの根源的なニーズに基づく

この方法はユーザーは何に対して価値を感じてお金という対価を払うのかということを考える方法です。例えば整骨院のサイトの場合、ユーザーは整骨院に行くことに価値を感じているのではなく、”肩こりを治すこと” や “骨の歪みを治して下半身太りを改善” することに対して価値を感じているのです。そのような観点から考えると、単純に”整骨院×地名”というキーワードだけでなく、肩こり関連の検索キーワードや骨の歪み、下半身太りに関するキーワードも検討余地があります。大事なことはユーザーは何に価値を感じてお金を払っているのかということに着目することです。

2.ユーザーのCVまでのフローを考える

こちらは、ユーザーが興味を持ってから購入やお問い合わせ等のCVに至るまでのユーザーフローを考え、各フェーズでユーザーは何を考えどのような気持ちになっているのかという観点で発想する方法です。例えば整骨院のサイトの場合は、情報収集の段階で施術方法に関して調べるかもしれません。施術方法の懸念点として骨をボキボキと鳴らす整骨院に懸念しているかも知れない…という風にユーザー目線に経って考えることが重要です。出来れば実際の対象ユーザーにヒアリング出来ると尚良いです。

3.やっぱりツールに頼る

完璧にツールに頼るというよりも、上記1.2と合わせてやるとより誤差が少なくなります。
下記がおすすめのツールとなります。

関連語取得ツール:http://www.related-keywords.com/
メインキーワードを入力するとGoogleのサジェストキーワードと、Yahoo知恵袋・教えてgoo内の関連するトピックを調べることが出来ます。キーワードベースで新しい気づきや、Q&Aサイトでユーザーはどのようなことになやんでいるのかということを確認できます。

類語辞典【Weblio辞書】:http://thesaurus.weblio.jp/
類義語を調べることが出来るので、メインキーワードの言い換えキーワードを探すことが出来ます。

Google Keyword Planner:https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner
対象サイトを入力すると、リスティングに出稿する際のオススメキーワードが提示されます。リスティングなので若干ニーズが顕在化したキーワードに偏りがちですが参考として使えます。

まとめ

キーワード発想するプロセスは、ユーザーが何に対して価値を感じているのか、何に困っているのかということを考える良いきっかけになります。是非ツールも活用しながら考えてみてください。

CONTACT

企業様にあった最適のソリューションを。
私たちにお任せください。

お問合せ
 php shell indir sakarya escort sakarya escort sakarya escort sakarya escort izmir escort sakarya escort webmaster forum hayvan pornosu Bağlantı Yok