MARKETING BLOG

ゼロからのネットマーケティング

【SEO上級編】SEOを始める前に、その業界・商材はSEO集客で本当に儲かるのか?

2015.7.11

SEOの相談でよくあるパターンが、自然検索経由でのアクセスが全くなく、とりあえずアクセスを集めておきたいという相談です。サイト立ち上げ段階では本当にびっくりするぐらいアクセスがなく、不安に駆られてしまう気持ちはよく分かります。しかしながら、ただ闇雲にSEO施策をする前に、自社の業界・商材はSEOに向いていて本当に自然検索からのアクセスからで儲かるのか?ということを考えてほしいと思います。

今回はSEOに向いていない業界や儲からない商材についてと、基本的な考え方に関してお伝えさせていただきます。

1,業界で大手ポータルサイトがあるパターン

たとえば飲食業界は食べログやぐるなびといった大手ポータルサイトが君臨しています。また不動産業界だとSUUMOやHOME’S、アットホーム等、普段耳にしたようなことがあるサイトがあると思います。このような業界だと主に2つの理由からSEOに向いておりません。(ポータルサイト運営はこの限りではありません。)

ⅰ:大手ポータルサイトが上位を独占している

大手ポータルサイトがある業界はご存知の通り検索結果の上位を独占しています。
このような業界の中で、単一の企業がポータルサイトよりも上位に上げることはなかなか難しいのが現状です。外部リンクを提供しているSEO業者に依頼しても、メインキーワードでは上位化は難しいと言われてしまうと思います。

ⅱ:ユーザー行動がポータルサイトを前提としている

例えば引っ越しを考える際、ユーザーは有名なSUUMOやHOME’Sのサイトに入ってからその中で物件を探そうというユーザー行動になります。このユーザー行動はサイトが有名になればなるほど顕著で、物販ですとまずは楽天やAmazonにアクセスしてから・・・となります。

”新宿_賃貸”の検索結果

”新宿_賃貸”で検索した際、大手ポータルサイトが上位を独占

 

2.市場に浸透してないサービス・商材

検索エンジンはユーザーが顕在化ニーズや頭のなかで思い描けるものをキーワードに変換してから情報を探すことが出来るツールです。そのためユーザーがそもそも想起出来ないコトやキーワードとしてうまく変換できないものは検索エンジンからの集客に向きません。

3.単価が低い、LTVが小さい商材・サービス

SEOが盛んな業界は人材系・不動産系・美容系・金融系とすべて1件成約につながると売上が大きい業界です。裏を返すと1件あたりの単価が低かったりLTVが小さい商材・サービスだとSEO対策にかけるコストに見合わなくなります。

4.商圏エリアが狭い

例えば店舗を構えていていて物理的に商圏が限られてしまうケースだと、地域名を掛けあわせたキーワードでの上位表示は最低限目指しましょう。それ以外のキーワードは上位表示されたとしても無駄アクセスになってしまう場合があります。

ここまでSEOに向いていないパターンを挙げましたが、逆に検索エンジンに向いている業界だと費用対効果がすごく高いくなるのもSEOの特徴の1つです。まず闇雲にSEOを考えるのではなく、上記4つの点を意識して自社にあった集客方法を考えてみてください。

CONTACT

企業様にあった最適のソリューションを。
私たちにお任せください。

お問合せ
 php shell indir sakarya escort sakarya escort sakarya escort sakarya escort izmir escort sakarya escort webmaster forum hayvan pornosu Bağlantı Yok